セフレは常時3人確保しておくと良い理由

重い関係となる彼女は要らないけれどもセフレが欲しいという男性は数多いです。
現実的にはセフレを確保している人の割合は低く、多くは願望のみとなっています。

セフレの賞味期限は半年を目安に考えよう

セフレとの関係はあくまでもドライに考えておかないと、精神的に辛い時期を過ごすことになりかねません。
なぜなら、彼女とは異なりセフレは最終的に1回のみの関係で自然消滅することもあるからです。

3ヶ月経過するとマンネリ化開始

身体の相性が良いからセフレとなるわけではなく、女性にとっては快楽よりも精神的な落ち着きを求める傾向があります。
このため、女性が精神的に落ち込んでいる時期にセフレになると、3ヶ月経過した時点で女性側からつまらないセックスだと思われやすくなります。

1年続いたら1度話し合おう

セフレとしての関係が月1回以上のペースで1年続いたら、1度今後の関係について話し合うと良いです。
なぜなら、本当に身体の相性が良いためにセフレ関係を続けるならば、互いに条件を詰めて置く必要があるからです。
失った時の失望感が大きくなるので、1年続いたセフレは1段階上の対応が必要になります。

セフレのタイプを3種類用意すれば常時補充形式になる

セフレは必ずしも1人にしなければならないという決まりがありません。
彼女が2人いたら二股として非難されますが、セフレは体力が保つ限り何人いても良いわけです。

自分の性癖を3つ探せばセフレに満足出来る

男性は自分の性癖について1パターンだと思いがちですが、3つ探しておくとセフレに対して飽きが来ません。

  • 本当に巨乳好きなのか貧乳のセフレを作ってみる
  • 長身と小柄のセフレを作れば体位の研究が出来る
  • 1人はアブノーマルなセックス相手として用意しておく

複数の性癖を満たすセフレを用意すれば、セックスが続いても体力が続きやすくなります。

セフレが複数確保出来ると余裕が生まれる

精力が漲る男性ほど、仕事でもポジティブ思考になりやすいことが分かっています。
ドーパミンの分泌量が増えて、アドレナリンが多くなることも仕事に良い影響が出るからです。
セフレを複数確保すれば、日常生活で楽しみが増えて心に余裕が出来ます。