一夜限りで終わらせない、セフレをキープする方法

運よく気に行った女の子のお持ち帰りに成功して一夜を共に過ごしたら、相性バッチリで気に入ってしまったという経験はありませんか。
せっかく相性が良かったなら一夜限りではもったいないのでセフレとしてお付き合いしていきたいですね。
そんなあなたにセフレを除ずにキープする方法をご紹介します。

雑な扱いをしない

どうせ一晩だけの関係だからと思って女性を雑に扱ってきませんか。
そんなことをしてしまったら、後からセフレにしたいと思ってもそうそう都合よくはいきません。

大事なのは相手を丁寧に扱うことです。
どんな関係性であて、丁寧に扱われることで女性は心を開いてくれます。
セフレ化への道はまずは相手に心を開かせるところからです。

割り切りだとはっきりさせる

二人の関係性はあくまでもセックスのみというのははっきりとさせておかなければなりません。
ここを曖昧にしておくと後から相手は付き合っているつもりだったとなってトラブルになりかねません。

逆に割り切りを受け入れられる相手であればお互いにとって最高に都合の良い関係となれるでしょう。

相手だって都合の良い相手を探しているのです。
お互いの利害を一致させておけば最高のセフレとなれます。

相手のセックスを褒める

身体の相性が良かったということを褒めることで相手にまた自分としたいと思わせるのです。

ここで変に紳士ぶって相手の容姿や性格などを褒めてみたところで、セフレを作るという目的のみを考えると必要以上に気に入られて面倒なことになります。
あくまでもセフレとしての相手を褒めるのです。

一度喜ばせておけば再度セックスに持ち込むことは簡単になっていきます。

プライベートを深掘りしない

相手が勝手に話してきた場合は仕方ありませんが、相手に干渉することはセフレ作りには逆効果です。
セフレ関係を結ぶ時に、女性はその非日常感も求めています。
プライベートを深掘りして訊き出すことは、その非日常から現実に引き戻すだけになりますのでセフレ相手には避けたいところです。

相手にとって非現実的な存在になるぐらいの方が、セフレ維持には適しているでしょう。

セフレ関係を継続するためには

せっかく見つけたお相手をセフレとするのであれば、相手にもメリットを与えなければなりません。
純粋に身体の相性が良くて気持ちいいのもメリットの一つですし、褒めることでさらに大胆にさせることも可能でしょう。

ポイントはセフレ関係であることによって相手に非日常感を味あわせてあげることです。
心身共に気持ち良ければ、セフレ関係は続けることはそう難しくはないでしょう。