セックスフレンドセックス前 LINE掲示板 エロ 男子 紀の川市

お金を払うことで、都合が良い時に相手をしてもらうセックスフレンドを欲している男性は結構多いようです。
ですが、欲しいと思った人全員がもてるわけでもないですよね。
そこでセックスフレンドの女性が求める男性の特徴を探っていきましょう。

欲望のままに対応していてもダメ

女性が求めるものを知ることで、作れる可能性が上昇するのは想像に難くないかと思います。
こちらと相手の条件がかみ合って初めて契約が結ばれますから、欲望のままに求めてはいけません。
では、女性はどんな人を求めているのかですが、1つ目に年収が多く地位がある人です。

お金が関わってきますから、たくさんお金がもらえた方が良いに決まっています。
最低でも援助交際や風俗嬢よりも高額でなければいけないでしょう。
年収が高ければ、もらえるお金も増えると考えられますし、社会的な地位があればそれが安心材料にもなります。

それから2つ目に気前が良い人です。
お金を持っていても、使ってくれないと意味がありません。
契約によるお金の支払い以外にも、デートの度にプレゼントを買ってくれる人が良いわけです。

極端な話、条件が一緒なら月10万しかくれないお金持ちよりも、月15万くれる一般的なサラリーマンの方が良いと言えるでしょう。
3つ目は安心感を与えてくれる心の広さです。
お金をくれれば乱暴に扱ってもいいという人も、確かにいるかもしれません。

ですがセックスフレンドは肉体関係もあるわけですから、安心感というのは大事になります。
他の人よりもお金をもらえても、心が狭くすぐに当たってくる人よりは、金額が少なめでも優しく包んでくれるような心が広い人の方が良いという人も多いです。
理想は心が広くお金もくれる人には違いありませんが。

4つ目に清潔感のある人です。
これは言わずもがなといったところでしょうか。
いくらお金をつまれても、不潔な人とはセックスしたくない人は多いです。

それに身なりがきちんとしていないと、それだけで相手に不安感や不信感を与えてしまいます。
容姿がどうだという話ではなく、服装などの話になりますので、すぐに対応はできるのではないでしょうか。

安心できるお金を持った人

特徴をまとめると、お金持ちの羽振りのいい一緒にいて安心できる男性ということになるでしょうか。
この特徴をすべてクリアできれば、問題なくセックスフレンドづくりが出来るでしょう。
ですがいくつか当てはまっていないからと言って、全く可能性がないわけではありませんから、あきらめずに探してみてはどうでしょうか。

年収が平均以下の低所得者でもセックスフレンドは作れる!現代のセックスフレンドづくりの現状とは!?

セックスフレンドと聞くと上流階級の道楽で、平均的な年収のサラリーマンの自分には全く関係ない話だと考えている人もいるのではないでしょうか。
以前であったら、その通りだったでしょう。
しかし、最近は事情が変わってきて、低所得者であってもセックスフレンドを持てるのだと知っていますか。

相場の変化

高所得者支払う金額というのはどれくらいのイメージでしょうか。
月に20万円とか30万円とか、場合によっては50万円とか渡している話も聞きます。
30代の平均年収がだいたい500万円弱ですから、月給にして40万円前後でしょう。ボーナスを考えるともっと少ないかもしれません。

20万払おうと思ったら月給の半分支払うわけです。無理だという人が大半でしょう。
ですが、現代は相場が平均6万円とデフレ化して、安くなってきているらしいです。
6万円くらいなら何とか払えるという人も増えるのではないでしょうか。

しかし6万円で契約を結んでくれる人とそうでない人がいます。

低所得者がセックスフレンドを作るためには

出来るだけ安くセックスフレンドを作るには、安い金額で契約を結んでくれそうな子を探す必要があります。
狙うべきなのは生活に困っていない子か、劣悪な生活に慣れてしまった子です。
簡単に言うと実家暮らしの子か、労働環境が悪いブラックチェーンのバイトの子ですね。

まず実家暮らしの子ですが、基本的に生活には困っていません。
ある程度の年齢になれば、小遣いは自分で稼ぐ必要があったり、いくらか家にお金を入れるように言われたりはしますが、一人暮らしをしている人よりもかなり余裕があります。
切羽詰まってお金を欲しているわけではありませんから、お小遣い程度の金額でも喜んで契約を結んでくれる子が多いというわけです。

ブラックで働いているこの場合には、今度は安い賃金になれてしまっているため、安い金額でも文句を言う人が少ないです。
ブラックバイトをしている女性の場合、お金に頓着がない子と辞めたいけど生活するためには辞められないという子が考えられます。
前者の場合には、セックスフレンドとしてもらえるお金が少なくても気にしませんし、後者の場合には少しでもお金をもらえればうれしいという感覚ですから、低額でも成功しやすいと言えるでしょう。

現代こそ低所得者のチャンスの時代です

例えば週1回月3万の契約を結ぶことが出来た場合、1日当たりもろもろの経費は考えないことにして1回1万円以内で女の子と関係を持つことが出来ます。
考えようによっては、風俗や援助交際よりも安価で関係を持てるわけですから、年収が少ない人でも十分にチャンスがあると言えるでしょう。